海外の中学・高校の正規留学・交換留学・短期留学のご相談についてお気軽にご相談ください

会社案内

受付時間は土日祝日を除く10:00~18:00まで


【体験談/アイルランド】高校正規留学1年間(Hinaさん・高校生)

プロフィール

名前:Hinaさん *「自分の意見をはっきり伝えて対等に付き合うこと、できそうでできなかったことが少し出来るようになりました。アイルランドで得た様々な経験や知見は、今後の人生に活きると確信しています。」という素晴らしいコメントをくださいました!

学校名:John Scottus School
コース名:現地での学年:第4学年(Transition Year)
留学期間:1年間(実質8ヶ月間)(2020/10月~2021/5月末まで)
滞在方法:ホームステイ(個室・3食付き)

■留学前、渡航時について

<留学のきっかけや留学先を決めた理由>
大学での留学も検討したが、クラスメートと距離より近い高校に留学したかったから。

<留学前に心配・不安だったこと>
自分英語を理解してもらえるかどうか。

<日本と現地の空港での手続き、到着後の空港送迎はスムーズでしたか?>
エージェントや様々な方にサポートしていただいたで、とてもスムーズでした

■学校関連について

<学校の先生やスタッフ、授業内容はいかがでしたか?>
少規模私立校ということもあり、頑張りを見せれば先生方本当に親身になって助けて下さり授業も充実していました

<入学時のレベルと修了時のレベルをそれぞれ教えてください>
英検2級を2年前に取得した状態で渡航し、現在は日常会話と授業程度であればあまり問題ない程度。最後帰り際に、最初は(回りくどくたどたどしい感じ)教科書英語だったけど今はネイティブみたいだよと言われました

<国籍バランス(学校全体、クラス内)や母国語禁止ルールはいかがでしたか?>
ほとんど現地アイリッシュだった、クリスマス以降から留学十数人増えてクラス留学生クラスとアイリッシュクラスに分かれた。母国語で話すことは少なかった。

<学校の施設や教材、周辺環境はいかがでしたか?>
全体的に古かったです

<学校のアクティビティやオプションクラスに参加しましたか?内容はいかがでしたか?>
パンデミック影響で、アクティビティなどは特に無かったです。

■滞在関連について

<お部屋、食事、ホストファミリーと交流はいかしたか?>
部屋は極端に狭かったけど、最後にはさほど気にならなかったです。食事もとても良かったです。唯一問題は、ホストファミリー留学一番悩みとストレスになったこと。会話で解決を試みたが私の伝えたことを信じてもらえなかった。恐らく子供もたくさんいるホストマザーは色々と余裕なかったではないかと思います。

■持ち物・お小遣いについて

<持っていけば良かったもの、持参不要だったもの>
・持っていって良かったもはファブリーズ。
・持っていけばよかったもは出汁パック(関西人なで…)
・不要だったもは上着(複数枚)
状況なで、現地で買えるだろう!とたかをくくっていたら痛い目を見ました。

<滞在中のお小遣い(飲食代、交通費、旅行代など)はいくらくらい使いましたか?>
30万円程度(暴食) *10月中旬~翌年6月上旬まで

■アズ留学センターのサポートについて

営業時間ギリギリまで、いつも親ように丁寧かつ親身になって対応して頂きました何か相させて頂くと本当に速やかに動いて下さり、最高留学エージェントに送り出して貰えたと思っています!

■これから留学する人へのアドバイス

上で出来る英語勉強は満足いくまで済ませて、極力家にこもらないで済むようにしておくといいかと思います。友達出来ない、英語力追いつかないなど悩むことも多くあるかと思います、頑張っていればある時突然転機訪れます。周り友達も同じことを言っていました留学っかりだなぁ…帰りたい、などと思ったときには、授業にびっくりするくらい真面目に取り組んでみると案外ハマりますよ。困ったときは抱え込まずに現地のガーディアンサポートのスタッフやアズ留学センター皆さんに頼るべきです。何か必ず助けになって下さるはずです。楽しんで来てください!

また、国際交流をする上でSNSのプラットフォーム(特にインスタグラム)をアクティブな状態にしておくことは本当に大切だと思いました。自分はインスタグラムをよく使っているので、出会ったらすぐにアカウントを教えてもらってDMを送って、その時の出会いだけではなく継続した関係にまで発展させることができるようになりました。おかげで、ランチやディナーの誘い、相手方の母国に訪れた際は泊めてあげるからおいで〜という会話など、国際交流を行う上でSNSの活用も大事だと思います。インスタグラムは出会った全員がアカウントを持っていました。

クレジットカードは絶対VISAかMasterCardで作ってください。JCBは使い物になりません。

■留学の総評

パンデミック中で、両親や高校先生、エージェント皆さんに支えて頂き叶った留学した。当然上手く行かないこともたくさんあって、そ度に文句ばかり垂れていた記憶あります。良くないですね。
日本人に比べて、殆どstraightforwardなで、多く場合きちんと伝えれば解決できました
自分意見をはっきり伝えて対等に付き合うこと、できそうでできなかったこと少し出来るようになりましたアイルランドで得た様々な経験や知見は、今後人生に活きると確信しています。

日本は比較的外国方にあまり免疫ないように思います、実際現地同じ年友達と関わってみて、言語と文化差はあれど本当に同じでした。大人になってからよりも、多分フランクに関われた気します。留学生にもたくさん出会って、世界中に友達出来たことも私財産です。悩んだこともあったけれど、高校留学に行かせて貰ったことに心から感謝しています。

以上、Hinaさんからのアイルランド高校留学体験談でした。

本当はアメリカの高校に留学が決まっていながら、コロナ禍で留学が中止になり、急遽弊社にご相談がありました。ご相談をいただいて渡航まで時間がない中で、ご本人やご家族の方もとても大変だったと思いますが、せっかく高校時代に留学をしたいという夢をかなえられて本当に良かったと思っています。
Hinaさんはとっても聡明で、自分の意見をしっかり持った生徒さんでした。留学中はホームステイ先で色々と苦労しながらも、最後まであきらめずに頑張ってくれました。
正直な気持ちを書いてくれていて、読ませていただきながら、Hinaさんの相談に乗っていたことが、つい先日のように思えてきます。

色々ありましたが、一つ一つ乗り越えて、頑張ってくれましたね。夜や週末に電話で相談にのったりアドバイスしたりしたことも何度かありましたが、このように「留学してよかった」と言ってもらえて本当によかったです。

”「アイルランドが大好きな国になりました。もしどなたかの渡航先の選択肢にアイルランドがあって、ぱっとしないなぁなんて仰っていれば、穴場で最高だとお伝え下さい。笑」”といったコメントも!

今後は海外の進学も視野に入れているとのこと。これからも、夢に向かって前進されるHinaさんをアズ留学センターは引き続き応援したいと思います!

<ご出発前後の様子はこちら>

【出発!高校留学】アイルランド高校留学 inダブリン(高校1年生・Hさん)

フォトギャラリー

体験談一覧に戻る

Instagram

留学相談 / お問い合わせ